Cenderawasih Bay Diving Information

西半分がインドネシア領のニューギニア島はパプアニューギニアと同じく、広大で無垢のダイビングエリアが広がります。ニューギニア島の北西部の東西220km南北100km程の太平洋に開けた湾で湾口付近には湾を塞ぐ形で東西に伸びたビアク等がある。この湾の西側のクワティール湾エリアでは、ほぼ確実に5-8mはあるジンベイザメと遭遇可能です。このエリアではホワイトチップやブラックチップシャーックやウォーキングシャーク(epaulet shark)にも遭遇できます。
ジャカルタ、バリからの距離があり、ここ潜るには最低10日間のクルーズが必要となります。

Dive Site in Misool, South Raja Ampat

-Pulau Roon
:huge blocks of rock & hard / soft corals Mangguar :WIDE ANGLE / MACRO’ (soft corals, whip corals, fusiliers, snappers, reef
-Three Rippon Island
:Zero Airplane “WIDE ANGLE”(green turtle,barracuda, surgeonfish,sea fans, whip coral, elephant ear sponges)
-Mangguar
:WIDE ANGLE / MACRO’ (Cenderawasih endemic Epaulette Shark / Hemicyllium galei) Wide Angle” (Schooling Barracuda, Rainbow Runners, Sharks, Manta and Mobula Rays)
-Kwatisore:whale sharks
-Tridacna Atoll
:WIDE ANGLE / MACRO’ (hard corals, barrel sponges, vase corals, jacks, barracuda, surgeon fish)
-Wandamen Peninsula
:“Wide Angle and Macro” ( Baracuda, Fussiliers, Boomies, sea fans, soft corals Tiger Shrimp, Nudibranch, Gost Pipefish)
-Pulau Purup
:“Wide Angle/Macro”(Napoleon,Sweetlips,Midnight Snapper)
-Sungai Omi
Wide Angle” (Schooling Barracuda, Rainbow Runners, Sharks, Manta and Mobula Rays)
Sungai Omi
:‘MACRO’ (Cenderawasih endemic mantis shrimps / Odontodactylus/nudibranchs, estuarine sea horse)

Location

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA