Wayag vs. Piaynemo / Iconic site

Wayag

ビーチに上陸した後、展望台まで道なき道を登る。最初は緩やかな斜面だが途中から 石灰岩の急な斜面に変貌し、頂上までのフィニッシュは85度の絶壁をロープに つかまってよじ登る。
 しかも最後の最後にはそのロープもなくなり、手足を駆使して登頂する。 石灰岩は 切り立っており危険ではあるが、頂上からの絶景は素晴らしい。360度パノラマで青い海に浮かぶ島々が堪能できるので、カメラは必須 ただし、頂上も石灰岩なので足場が悪く、高所恐怖症気味の人は注意が必要。  絶景を味わった後の帰路は往路よりつらい。登りやすい靴と日焼け止めも必要。 ビーチに戻ったらシュノーケリングを楽しめる。Piaynemoより野性的で達成感もあるが、足の弱い方には厳しい道のり。

Piaynemo

Wayagより観光地化されており、桟橋にボートを乗りつけられる。リゾートの宿泊客は一日観光として訪れる。桟橋ではココナッツジュースやちょっとした飲み物も売っている。Wayagと異なり頂上までは木製の階段を使う。 300段以上とはいえ、歩きやすい緩やかな階段なので、サンダルでも問題ない。頂上には 展望デッキがあり、Wayagよりのんびりと写真撮影できる。Wayagより頂上が低く、東側の一方向だけの景観だが、ほとんどWayag 同じような絶景を楽しめる。 Piaynemoは子供連れでも足に自信のない方でも問題なく登れるが、場合によっては  他の観光客で混んでいることもある。

Entrance : Beach
Landing point :By boat on the beach
Vertical Shops
Steep slope 
Panoramic View from top of the lime stone mountain
Back side of Top
Hard climbing to the Top
85 degrees wall to climb!!
Entrance : Signboard
Landing point :Jetty
Vertical Shops
Wooden Steps
View from well maintained Observatory
Remote View 
Observatory
Sightseeing board installed

Location of Wayag and Piaynemo

インドネシア
ラジャアンパットダイビング情報
インドネシア
ラジャアンパットイメージ集

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA