WESTERN ISLES Diving Information

ウエワクから北北東へ約240kmの太平洋上に浮かぶ環礁の島々で、東からハーミット諸島、ヘイナ諸島、ニーニーゴグループ、アウラ島、ウヴル島があります。赤道からわずか1度南に位置し、たくさんのダイビングポイントがあります。アクセスが難しいため、パラオの生態系に近い生物が手付かずのまま生息しています。また多数のイルカの群れが回遊していることで有名な海域です。ハーミット諸島は大きな環礁になっており2つのパッセージがあります。ひとつは北西側、もうひとつは南東側の小さなパッセージです。南東の方はドルフィンパッセージと呼ばれ、イルカが生息しています。透明度がよく、ウミウチワやヤギに覆われたスロープがあり、ギンガメ、イソマグロ、オセアニックトリガーの群れが訪れます。パスの片側のリーフの上は砂地になっていて、ナースシャークやエイが根づいています。リーフの内側の透明度は15m程ですが、カメやサメも回って来てプランクトンを求めてマンタもやって来ます。
ニーニーゴ諸島はハーミット諸島の西にある環礁で、小さな島の周りやパッセージがポイントになっています。ツムブリやスパニッシュマクラルの群れやイーグルレイ、グレートハンマーヘッドが見られます。

主なポイント

■ Hermit Islands
環礁の北西と西の2カ所にアウターリーフとつながった大きな水路があり、南東に小さな水路が1つあります。
・HERMIT ISLAND,NORTHWEST ENTRANCE
ラグーンの内側はソフトコーラルやウミウチワで覆われています。外洋に向かう潮のときは透明度はよくありませんが、プランクトンを捕食するためにたくさんの魚が集まります。マンタやサメが姿を見せることがあります。
・HERMIT ISLAND,ALACRITY HARBOUR
・HERMIT ISLAND,SOUTHEAST ENTRANCE
・DOLPHIN PASSAGE
水深18~30mの外洋側の壁は、ウミウチワやヤギで彩られています。水路内にはリーフとパスがあり、さまざまな魚が見られます。またフレンドリーなイルカの群れがよく見られます。イルカと接触するにはボートからゆっくり水に入る必要があります。水路の北側はAlacrity港で、その北側に広がるリーフは水深3mほどと浅く、小さなボートでアンカリングして潜れます。切り立ったリーフの壁はウミウチワやカイメン、ヤギに覆われていて、そこにシルバーチップやグレイリーフシャークが姿を見せます。
・HERMIT ISLAND,MANTA PASS
ラグーンの内側には大きな島々が点在しています。Akib島とLuf島の間にある水深22mの水路は、マンタの通り道になっています。
■ Ninigo Islands
3つの環礁からなる島々です。
・NINIGO ISLAND,HEINA ISLAND
周囲を切り立った壁が囲んでいて、サンゴが群生し、さまざまな魚が見られます。
・NINIGO ISLAND,PELLELUHU PASSAGE
PelleluhuとNinigoラグーンの間にある水路です。外洋の潮が入り込むため透明度がよく、さまざまな回遊魚やサメが見られます。水路の壁は水深50mまで落ち込み、通常は壁沿いをドリフトダイビングで流します。アンカリングする場所は、水路の南側のPelleluhuリーフ近くに1ケ所あります。水深8mの根があり、周辺ではスジアラやマダラトビエイがたくさん見られるほか、回遊魚やリーフフィッシュなどさまざまな魚が姿を見せます。タイガーシャークがウミガメを捕食するシーンが見られた例もあります。またハシナガイルカの大きな群れが棲んでいます。
・NINIGO ISLAND,TIATA REEF
・Four Reef Passes
ニーニーゴ環礁の南側にある水路では、リーフの内側に船を泊め、ディンギーで水路を潜ります。外洋から潮が入るときは透明度がよく、マダラトビエイやサメが見られます。ウミウチワやブラックコーラルの群生も見事です。
・Sumasuma
ニーニーゴ島の南西に位置する島で、周辺のリーフでダイビングが楽しめます。東側は回遊魚狙い、反対に西側は小さな生物が豊富です。FISH SOUPというポイントはキャベツコーラルの周囲に、クマザサハナムロ、アジ、イーグルレイ、フエダイ、カメ、ナポレオンのファミリーがまさにフィッシュスープのように群がっています。
・DIANE'S DILEMA
リーフにぽっかり開いた穴のようなポイントで中央にマンタのクリーニングステーションがあります。周囲にはカンムリブダイの群れが回遊しています。
・AWIN ISLAND
ニーニーゴ島の最南端の島でリーフエッジにはグレイリーフ、ホワイトチップ、ツムブリ、クマザサハナムロの群れが回ってきます。カメやナポレオンが回遊しています。
■ Wuvulu Island
パプアニューギニア最東端の島で、マイケル・クストーが海洋調査のために建設したロッジが残って います。このすぐ前のビーチは数m先がすぐドロップオフになっていて、ウォールが続いています。
・SOUTHWEST POINT
リーフのウォールには沢山のスイムスルー(トンネル)があり、ケーブの中には鍾乳石が見られます。魚影も濃く、カメが多数回って来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA